エラ呼吸・オブ・ザ・デッド

エラ呼吸・オブ・ザ・デッド

アクアリウムWeb漫画ブログ。

エラ呼吸・オブ・ザ・デッド

色鮮やかになったミクロラスボラハナビ

我が家にやって来て3か月になる、ミクロラスボラハナビ達。

最近物凄く色鮮やかになりました。

ヒレの濃いオレンジと漆黒がバッキバキな感じです。

 

5匹中2匹がオスなのですが、この2匹が縄張り争いをしている時が一番立派な姿を見られます。

 

f:id:betamaru:20190110204247j:plain

 

f:id:betamaru:20190110204344j:plain

 

f:id:betamaru:20190110204416j:plain

 

f:id:betamaru:20190110204431j:plain

 

f:id:betamaru:20190110204441j:plain

 

我が家のろくに水草も植わっていないショボい環境でも、飼い込むとこんなに立派になってくれるとは。

飼い込み系お魚の魅力が分かった気がします。

水作スペースパワーフィットプラスとニッソーバイオフィルター、合体!

水作さんのスペースパワーフィットプラス(パワーヘッドセット)が大のお気に入りです。

微妙な水量調整ができる等良い点が沢山あるのですが、何よりも動作音がほぼ無音なのが最高なのです。

水作さんはスペースパワーフィットプラスと接続できるボトムフィルターも販売していますが、これが先日使用数か月で目詰まりしてしまい、リセットする事に。

ボトムフィルターのジョイント部分がすぐ外れてしまい、何度も直している内にソイルが入ってしまったのだと思われます。

色々調べてみたらニッソーさんのバイオフィルターが良さそうだ、と言う事で、どうにかこの2つを接続できないものか……と思っておりましたら、無改造で接続できてしまいました(太い方のパイプにがっちりはまりました)。

 

f:id:betamaru:20190109183110j:plain

 

ちょっとごついですが、レッドビーシュリンプ達のお気に入りの隠れ家となっているようです。

 

f:id:betamaru:20190109183949j:plain

 

シャワーパイプは、先端がちょこっと水上に出るようにして上向きにすると、細かい泡が水中に沢山舞い、シュリンプ達の動きが機敏になります。

 

f:id:betamaru:20190109184114j:plain

 

f:id:betamaru:20190109184143j:plain

 

現在沢山の子が抱卵中。

みんな元気にツマツマしています。

ミクロラスボラハナビ大食い選手権

ミクロラスボラハナビを5匹飼育しています。

2か月前にお迎えしたのですが、大分色が揚がって立派になりました。

 

f:id:betamaru:20181225170534j:plain

 

ミクロラスボラハナビは食が細いと聞いていましたが、これが滅茶苦茶食べます。

最後の1粒まで残さず見つけ出して食べます。

 

ハナビ「おれたちのしょくじはこれからだ」

f:id:betamaru:20181225170708j:plain

 

ハナビ「ひろうぜ」「ひろうぜ」

f:id:betamaru:20181225170721j:plain

 

ハナビ「うほぉおおお」

f:id:betamaru:20181225170732j:plain

 

ハナビ「めっしぃいいいいい」

f:id:betamaru:20181225170931j:plain


ハナビは食が細いらしいから、まさかビーシュリンプの稚エビを全部食べられるとは思わず混泳させた所、数日の内に完食されました。

なので今は、増えない方が良い選別漏れビーシュリンプの水槽に住んでいます。

当時壁面の巨大モスマットにはケンミジンコが大量に住み着いていましたが、ハナビがやたらモスマットを見つめているのでなんだろうと思って見ていたら、凄い速さで捕食していました。

ある日エビの餌に突撃していたので何だろうと思って見ていたら、エビの餌に寄って来たケンミジンコを捕食していました。

そしてケンミジンコはいなくなりました。

壁いっぱいの巨大モスマット その後

こちらの記事で作った、巨大モスマットのその後。

 

betamaru.hatenablog.com

 

こんな風になりました。まだまだ育っていません。

丸いのは前回の記事で作った、底面を遮らないモスマットの小さい版です。

前回作ったのは大きくて邪魔だったので、こんな風に小さくしてしまいました。

 

f:id:betamaru:20181224181331j:plain

 

f:id:betamaru:20181224181354j:plain

 

もう1つの水槽もモスマットの壁です。こっちはモスsp.ベトナム

 

f:id:betamaru:20181224181254j:plain

 

ちょっと茶ゴケが出てしまっています。

頑張れエビ達。

 

f:id:betamaru:20181224181458j:plain

 

Epiwebで作ったモスマットには、ケンミジンコが沢山住み着きます。

じーっと見ると、繊維の中をちょこちょこ走り回ってる姿が見られます。

底面フィルターでもモスマットを置きたい

我が家のフィルターは全て底面フィルターです。

底面フィルターなので、底床の上にモスマットなんて置いたら通水性が悪くなるのではないかと思ったのですが、やっぱり置きたい。

そこで変な事を思い付きました。

 

①モスマット作ーる(プレミアムモス&南米モス / 土台:Epiweb)

f:id:betamaru:20181216110013j:plain

 

②100均で売ってる猫除けマットを1つずつ分離させーる

f:id:betamaru:20181216110242j:plain

 

③ステンレス製針金でモスマットの裏面に括り付けーる

f:id:betamaru:20181216110255j:plain

 

④Oh,モスマット浮いてーる エビ隠れーる

f:id:betamaru:20181216110331j:plain

 

これでどうですかねぇ。

みんなでツマツマ

我が家の水槽では主にレッドビーシュリンプを飼育しています。

ちっちゃくてツマツマしてる姿がやたらと癒される事に、気付いてしまったのです。

 

f:id:betamaru:20181125113227j:plain

おててに持ってみんなでツマツマ

 

f:id:betamaru:20181125113332j:plain

ひとりでツマツマ

 

f:id:betamaru:20181125113348j:plain

ふたりでツマツマ

 

f:id:betamaru:20181125113410j:plain

後ろから忍び寄るツマツマしたい子

 

f:id:betamaru:20181125113443j:plain

それちょうだい!

やだー(跳)

 

f:id:betamaru:20181125113535j:plain

おいしいな

 

f:id:betamaru:20181125113551j:plain

例の「ぷりてぃしゅりんぷ」との競演ツマツマ

 

f:id:betamaru:20181125113644j:plain

連続ツマツマ事件

 

ちなみにみんなが持っているのは「極肉」の小粒タイプです。